キャンプ場レビュー

初めてふもとっぱらに行くファミリーキャンパーに伝えたい、テントサイトの選び方と注意点

ふもとっぱら ファミリーキャンプ おすすめ サイト

キャンパーなら誰もが憧れる聖地「ふもとっぱら」キャンプ場。

ますます人気が高まり、予約も以前よりかなり難しくなってきています。(コロナ対策で以前より予約数をかなり抑えていることも要因かとは思いますが)

そんなこちらのキャンプ場、先日ついに我が家もデビューすることが出来ました!しかし。ふもとっぱら、とにかく広い広い!フリーサイトでどこに設営するか迷いました…

今回は、初めてふもとっぱらに行くファミリー層の方に特に伝えたい、サイトの選び方と注意点をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ふもとっぱらのチェックインはどんな感じ?

まずはキャンプ場の所在地から。

住所 〒418-0109 静岡県富士宮市麓156

新清水ジャンクションの地点で、高速から富士山が見えてきます!!ワクワクしますよ〜。

ふもとっぱらキャンプ場のチェックインの時間は午前8時30分〜午後5時までとなっています。

朝の8時半から入場できるのって、結構早いですよね!

ふもとっぱらは場所取りでチェックイン前に並ぶ!?

ふもとっぱら 予約のみ

とにかく広いふもとっぱら。ですが、やはりそれぞれの方のこだわりのエリアがあるようで、早朝からチェックインに並ぶ車の列が出来るとの噂も耳にしました。

あんなに広いのに場所取りの列が出来るだと!?

半信半疑でひとまずキャンプ場前に到着したのが午前8時15分頃。本当に車の行列が出来ていました。

ふもとっぱら チェックイン 並ぶ

しかし、かなりキャンプ場側の連携がしっかりされており、警備員の誘導で一旦横の林道を大きく迂回するルートに案内され、そこでゆっくりと行列が進むカタチでした。

なので一般道が渋滞するようなことはありませんでした。

チェックインは午前8時30分からでしたが、8時15分の時点で既に入場が始まっていました。

ドライブスルー方式のチェックインで、とにかくスムーズ!

支払いもクレジットカードやPayPay等もOKでスマート。テキパキ誘導されていたので、行列に並んでから入場までの待ち時間はだいたい15分前後で済みました。

我が家は小さい子どもがいたので、チェックイン前に最寄りのコンビニでトイレに行かせておきました。

万が一の場合に備えて、トイレに不安のある方はチェックインに並ぶ前に済ませておいたほうが安心かもしれません!

チェックイン時間はそんなに焦らなくても大丈夫

ふもとっぱら チェックイン 並ぶ

今回、我が家は朝一でチェックインしましたが、「場所取り」の視点だけで言うとそんなに焦らなくても良い場所は見つかると思いました。

というのも、朝の8時頃にはまだ前日からの宿泊者のテントが沢山残っていて、だいたい昼前頃に続々とチェックアウトされていました。

そのタイミングで案外良い場所が空いていたりもしました!

どうしてもここが良い!というこだわりがよっぽど無ければ大丈夫じゃないかなと思います。

ただ、現在コロナ対策で予約数をかなり抑えているのも要因かもしれません。今後もし予約数の枠を増やすとまた状況が変わるかもしれませんが、ひとまず2022年現在は焦らずとも設営できます。

ファミリー層におすすめのふもとっぱらサイトエリアは?

ふもとっぱら 草原中央トイレ付近

午前8時30分頃に入場したときのエリア内、まだまだ前日から泊まっているキャンパーの方のテントが沢山設営されています。

人気なエリアからどんどん埋まっていくということで、どのあたりが良いのか感じたことをまとめていきます。

綺麗な草原中央トイレに近いB・C・E・M・Nサイトは人気

特にテントの密集率が高かったエリアは、B・C・E・M・Nサイトです。

理由はおそらく、場内イチ綺麗で大きな水場付きトイレが近くにあるから。

ふもとっぱら 草原中央トイレ

洋式で新しく、トイレの数もあるのでとにかく便利。この周辺は他のエリアに比べると密集度が高かったです!

ふもとっぱらNサイト

特にファミリー層が多く見受けられ、ここが便利で過ごしやすいエリアだと思います。

朝の8時30分に入場したときは何となくスペースはありましたが、10時頃には結構ビッシリとテントが張られている感じでした。

M・Nサイトに感じたデメリットは夜も人通りが多いこと

M・Nサイトはトイレに最も近く、富士山もバッチリ見られるので便利かと思います。

しかし、この広いふもとっぱら。トイレや水場には常に人が集まります。

夜の10時頃にトイレに向かうと、トイレの明かりは勿論ですが沢山のランタンの明かりやトイレを待つ人の列、水場で洗い物をする人、歯磨きをする人…。それが引っ切り無しに続きます。

気にならないなら問題ありませんが、常に人が行き交う場所、ということは念頭に置いた方が良いかもしれません。

性格にもよりますが、小さい子は寝る時落ち着かないかも。近すぎるのも考えものだと思いました。

A・Dサイトはそこそこの混み具合。最寄りは牛舎トイレ

ふもとっぱらDサイト周辺

次に混雑しているのはA・Dサイト。入場してすぐのエリアです。

先程の新しいトイレまでは距離があるので、トイレに行く場合は青色の見た目がトレードマークの牛舎トイレを利用することになります。

ふもとっぱら牛舎

こちらの建物の外側に男子、女子それぞれあります。

ふもとっぱら 牛舎トイレ

こちらからも富士山はバッチリ見えます!また、夜の人通りもM・Nサイトよりも少ないエリアだと思います。

かと言って空いているかと言われたらそうでもなく。B・C・E・M・Nに次ぐ人気サイトだと思われます!

G・I・O・Pエリアはファミリーには不向き

富士山に最も近いエリアのG・I・O・Pは上級者やソロ向けかなと思います。

ふもとっぱら

なんせ広いふもとっぱら。管理棟付近まで来ようとするならばおそらく徒歩だとかなり時間がかかると思います…!車じゃないと無理かと。

そしてふもとっぱらは午後5時以降は車の移動禁止です。夜は暗く道もボコボコしているため小さな子どもは注意が必要です

実際、G・I・O・Pエリアはかなり空いている状態でした。プライベート感が欲しい方等が好まれる場所かな。

スポンサーリンク



ふもとっぱらのサイトでの場所選びの注意点

さて、テントをどこに設営するかおおまかな場所を決めてからも注意点がいくつかあります。ここでの確認が後々地味に響いてきます!

地面は平坦だったり傾斜だったりする箇所あり。確認を

ふもとっぱらの地面

ふもとっぱらのサイトは傍から見ると平坦なのですが、実際に自分の足で立ってみると意外と傾斜があったり地面がボコボコしていたりとコンディションがポイントで違います。

確認しないままテーブルをセッティングすると、実は傾いていて…ということも。

実際に我が家はテーブルをセッティングした後に微妙に傾斜があることに気づきました

大まかな設営場所を決めたらしっかりと地面のコンディションを確認してからレイアウトを考えることをオススメします。

ぬかるみが酷い箇所も注意。夜は暗くて転ぶかも

ふもとっぱらは、ぬかるみがある箇所にも注意!雨上がりはもちろん、早朝は朝露で地面がドロっとしているところもあります。

ふもとっぱらの地面

下手したら大きな穴のような窪みまであります。夜に暗くなった道を移動するとき、誤って穴で足をくじいたりしないように注意!

テントを設営する際は、自分の導線上にぬかるみや窪みが無いか確認し、特に子どもが怪我をしないように充分対策をされることをオススメします。

場所によっては富士山が見えづらいところもアリ

基本的にはどの場所からもしっかりと富士山を見ることが出来ますが、一部のエリアでは見えづらいところがあります。

富士山が比較的見えづらいことろは人が少なかったです。

むしろ、ゆっくり過ごしたい人や静かにキャンプをしたい人には良い場所かもしれません。

しかし、基本的にそういった場所はトイレや炊事場等が遠いところにあるので、ファミリーには不便かも。

公式サイトにて、各サイトから見える富士山の画像を確認することができます。こちらをぜひ事前にCHECKすることをオススメします。

キャンプ場内「金山テラス」では食事もできる

ふもとっぱらの金山テラス

【2022年9月追記】金山テラスの外観が新しくなっていました。

広大なキャンプ場内には、売店はもちろんのこと「金山テラス」という食事が楽しめる施設があります。

我が家は朝に設営した後、こちらで昼食をとるのが定番の流れです。
金山テラスのメニュー

富士宮焼きそばをはじめ、ご当地グルメが楽しめる本格的なメニュー。鹿肉を使ったバーガー等、ジビエまで食べられるのです。普通のキャンプ場には無いですよね。

金山テラスのランチ

写真のこちらが富士宮焼きそば、そして豚鹿豚鹿(ぶかぶか)バーガーです。朝霧高原の牛乳もセットで注文しました!最高なランチです。

豚鹿豚鹿バーガー

鹿肉を食べられる機会があまり無い人も多いかと思いますので、ぜひ一度食べてみてくださいね。ちなみに子どもたちはいつも焼きそばとフライドポテトを注文していますよ。

まとめ:ふもとっぱらで楽しいファミリーキャンプを

↑ふもとっぱらでのキャンプの様子をYoutueにて公開中です!よろしければぜひ御覧ください!

ふもとっぱらのサイト選びをファミリーキャンプ目線でお伝えしました。

上記を簡単にまとめると

サイトの選び方
  • 綺麗なトイレに近いサイトは人気
  • 便利な場所は人通りも多い
  • サイトのコンディションに注意
  • 富士山の見え方も事前に確認

各サイトにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。それらを充分に理解したうえで、自分に合う条件の場所を決めて設営されることをオススメします!

ファミリーもソロも、いろんな人が楽しむことができる聖地、ふもとっぱら。ぜひ広大な地でのキャンプを楽しまれてくださいね。

当サイトの筆者インスタグラム(@shirachan_camp)も遊びに来てください!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク